for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-EU首脳、ベラルーシに追加制裁決定 反体制派の即時解放要請

(内容を追加しました)

[ブリュッセル 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)は24日にベルギーのブリュッセルで開いた首脳会議で、ベラルーシに対し、経済制裁を含む追加制裁を発動することで合意した。航空各社にベラルーシの空域を飛行しないよう呼び掛けると同時に、ベラルーシの航空会社が運航する航空機の欧州の空域飛行と空港発着を禁止する手続きに入った。

ベラルーシ当局は23日、アテネからリトアニアに向かっていた欧州格安航空会社(LCC)ライアンエアー旅客機にミンスクの空港に緊急着陸するよう指示し、着陸後に搭乗していたベラルーシの反体制派ジャーナリスト、ロマン・プロタセビッチ氏の身柄を拘束した。

EU首脳は、プロタセビッチ氏らの即時解放を要請。国際民間航空機関(ICAO)に対し、直ちに調査に着手するよう求めた。

EUは、昨年の大統領選後にルカシェンコ大統領が反体制派を厳しく取り締まったことを受け、同氏を含めた88人と企業7社に対してEU域内の渡航禁止や資産凍結の制裁を既に科している。

EU外交当局者は、ルカシェンコ氏を資金面で支えるオリガルヒ(新興財閥)などに追加制裁を科す可能性があると指摘した。

リトアニアのナウセーダ大統領は、追加制裁を直ちに発動すべきだと主張した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up