for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベルギー裁判所、前国王の隠し子を「王女」に認定

ベルギーの控訴裁判所は1日、前国王アルベール2世の隠し子で、アーティストのデルフィーヌ・ボエルさん(写真)を「王女」として正式に認定した。ブリュッセルで2017年2月撮影(2020年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブッリュセル 1日 ロイター] - ベルギーの控訴裁判所は1日、前国王アルベール2世の隠し子で、アーティストのデルフィーヌ・ボエルさんを「王女」として正式に認定した。

ボエルさんは認知を求めて7年間、法廷闘争を続けてきたが、今年1月にDNA鑑定でアルベール2世が実の父親であることが判明した。

ボエルさんの弁護士は「(ボエルさんが)完全に満足している」との声明を発表した。

アルベール2世は6年前に生前退位し、フィリップ皇太子が国王に即位している。アルベール2世は、ボエルさんの主張を長年否定していた。

今回の判決を受け、ボエルさんの2人の子供にも王室の称号を授与される。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up