August 30, 2018 / 4:50 PM / 2 months ago

バークシャー、自社株買い開始 アップル株買い増し=バフェット氏

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は30日、同氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)が2012年以来初めて自社株買いを実施したことを明らかにした。アップル(AAPL.O)株を「小規模」買い増したことも明らかにした。

バフェット氏はCNBCとのインタビューで、関税による費用増という向かい風は存在するものの、堅調な米経済情勢が企業利益を支えているとし、米30年債などの債券よりも株式への投資を選考するとの考えをあらためて示した。

「株を買うべき時期は分からないが、株を買うべきかどうかは分かっている」と言明。「企業の業績は総じて良好」とし、「2年前も好調だったが、ますます良くなっている」と述べた。

バークシャーは前月、自社株買いに関する社内規定の緩和を発表。買い戻し価格がバークシャーの「本来的価値」を下回っていると、バフェット氏とチャーリー・マンガー副会長が判断すれば、自社株買いを実施できるようになり、潤沢な手元資金の使い道が広がった。

バフェット氏は自社株買いの規定が緩和されて以降、「小規模な自社株買いを実施した」とし、長期的な株主利益を確実にするためには、買い戻し価格がかなり低い水準でなくてはならないと語った。

さらに、6月末以降、アップル株を「小規模」買い増したことを明らかにした。バークシャーは6月末時点で、アップル株2億5200万株(560億ドル超)を保有していた。

バフェット氏はこの日、88歳の誕生日を迎えた。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below