May 6, 2018 / 11:05 PM / 19 days ago

米バークシャー、アップル株買い増す用意=バフェット氏

[オマハ(米ネブラスカ州) 5日 ロイター] - 米投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)を率いる米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は5日の株主総会で、米アップル(AAPL.O)株を適切な価格で買い増す用意があると明らかにした。

 5月5日、米投資会社バークシャー・ハザウェイを率いる米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は株主総会で、米アップル株を適切な価格で買い増す用意があると明らかにした。オマハで撮影(2018年 ロイター/Rick Wilking)

アップルは消費者を強く引きつける製品を開発していると評価したほか、同社が発表した自社株買いについて、現金の使い道として最も生産的と述べて支持する考えを示した。

バフェット氏は3日、バークシャーが第1・四半期にアップルの株式を7500万株買い増したことを明らかにした。バークシャーはバンガード・グループ、ブラックロック(BLK.N)に次いでアップルの第3位の株主となっている。

バフェット氏は米グーグルの親会社であるアルファベット(GOOGL.O)やアマゾン・ドット・コム(AMZN.O)を投資先として適切でないと考えたのは失敗だったと認めた。

また米国と中国の貿易を巡る対立がエスカレートする公算は小さいとし、両国は「非常に愚かなこと」を回避するとの見方を示した。

「これから非常に長い間、米国と中国は経済的にも他の点においても世界の2大超大国であり続ける」と指摘し、貿易が双方にもたらす利益が緊張の高まりで脅かされることはないと述べた。

ビットコインなど仮想通貨は「悪い結果」に終わると予想した。米長期国債もインフレによりリターンが目減りするとして、ひどい投資先であるとの見方を示した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below