February 25, 2019 / 12:00 AM / 3 months ago

バークシャー、第4四半期決算は赤字 保有株の下落など響く

 2月23日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(写真)が率いる投資会社のバークシャー・ハザウェイが発表した第4・四半期決算は、保有株の下落や、同社投資先のクラフト・ハインツを巡る大規模な減損処理などを背景に、253億9000万ドルの赤字を計上した。ネブラスカ州で昨年5月撮影(2019年 ロイター/Rick Wilking)

[23日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社のバークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)が23日発表した第4・四半期決算は、保有株の下落や、同社投資先のクラフト・ハインツ(KHC.O)を巡る大規模な減損処理などを背景に、253億9000万ドルの赤字を計上した。

バークシャーは、2018年末時点で1728億ドル相当の株式を保有。しかし、最も多く保有するアップル(AAPL.O)の株価が約30%下落するなど、第4・四半期は保有株の多くが2桁の下落を記録した。

通年の純利益は40億2000万ドルで、2001年以来最低。法人減税の恩恵を受けた前年の449億4000万ドル比91%減った。

一方、自動車保険会社のGEICO(ガイコ)やBNSF鉄道など、90を超えるバークシャーのビジネスの多くはパフォーマンスが良好で、バークシャーの第4・四半期の営業利益は57億2000万ドル(クラスA株1株あたり3484ドル)と71%増加し、アナリスト予想を上回った。通年の営業利益は71%増の247億8000万ドル。

バークシャーは第4・四半期、無形資産を巡り30億2000万ドルの評価減を実施。バフェット氏は、バークシャーが26.7%株を保有するクラフト・ハインツが「ほぼすべての」原因としている。クラフト・ハインツは21日、「クラフト」や「オスカー・マイヤー」などの資産について、のれん代の減損処理費用として154億ドルを計上、投資家に衝撃を与えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below