for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バークシャー、オキシデンタル株追加購入 保有比率19.2%に

 7月13日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは、米石油・ガス大手オキシデンタル・ペトロリアムの株式430万株を今週追加購入し、保有比率が19.2%になったことを明らかにした。米ニューメキシコ州にあるオキシデンタルの施設で2017年5月撮影(2022年 ロイター/Ernest Scheyder)

[13日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは、米石油・ガス大手オキシデンタル・ペトロリアムの株式430万株を今週追加購入し、保有比率が19.2%になったことを明らかにした。

13日付の米証券取引委員会(SEC)への提出文書によると、バークシャーは追加購入に約2億5000万ドルを投じた。これにより同社が保有する普通株は合計で1億7940万株(約104億ドル相当)となった。

今回の追加購入により、保有比率は投資先企業の利益を持ち分に応じて自社決算に反映させることができる持分法の適用対象となる20%に近づいた。

リフィニティブがまとめたアナリストの予想平均によると、オキシデンタルの純利益は今年100億ドルを超える見通し。

バークシャーはオキシデンタルの優先株100億ドル相当も保有しており、年間8億ドルの配当金を得ている。また、普通株8390万株を50億ドルで購入するワラントも保有している。

オクシデンタルの株価は、ロシアのウクライナ侵攻を受けた原油価格の上昇に支援され、今年に入り2倍に上昇している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up