Reuters logo
アカデミー作品賞、「スポットライト」に栄冠 「マーニー」受賞逃す
February 29, 2016 / 5:11 AM / 2 years ago

アカデミー作品賞、「スポットライト」に栄冠 「マーニー」受賞逃す

[ロサンゼルス 28日 ロイター] - 第88回米アカデミー賞の授賞式が28日、米ハリウッドで開催され、作品賞にはトム・マッカーシー監督「スポットライト 世紀のスクープ」(日本公開4月15日)が輝いた。

2月28日、第88回米アカデミー賞の作品賞はトム・マッカーシー監督の「スポットライト 世紀のスクープ」が選ばれた。写真は受賞を喜ぶ関係者ら(2016年 ロイター/MARIO ANZUONI)

同作は、2002年に発覚したカトリックの神父による児童性的虐待について、タブー視されながらも取材し続ける新聞記者らを描いたもので、マーク・ラファロやマイケル・キートンらが出演した。

監督賞は「レヴェナント・蘇えりし者」(同4月22日)のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が受賞。イニャリトゥ氏は昨年も「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でアカデミー賞監督賞に輝いており、2年連続のオスカー獲得となった。

今回のアカデミー賞では、俳優部門に黒人がノミネートされなかったことが問題となったが、ヒスパニック系のイニャリトゥ氏は受賞スピーチで「私たちの世代は、あらゆる偏見やつまらない考えから自らを解き放てる素晴らしい機会を与えられている。肌の色は、髪の毛の長さと同じくらい意味を持たないということを、今一度そして永遠に確認してもらいたい」と訴えた。

28日に行われた第88回米アカデミー賞授賞式で、「スポットライト」が、12部門にノミネートされた「レヴェナント」をおさえて作品賞に輝いた。また司会のクリス・ロックが、候補者がすべて白人だった問題に言及。今年のオスカーを振り返る。

主演男優賞は「レヴェナント・蘇えりし者」(同4月22日)のレオナルド・ディカプリオ(41)が初受賞した。 ディカプリオは同作品で、氷点下の環境の下、荒野に取り残されたハンター役を熱演した。

主演女優賞は映画「ルーム」(同4月8日)のブリー・ラーソン(26)が受賞した。 ラーソンにとって初めてのノミネート、受賞となった。

助演男優賞は、「ブリッジ・オブ・スパイ」のマーク・ライランス(56)が受賞。ライランスにとって初のオスカー獲得となった。 同作はスティーブン・スピルバーグ監督作。

助演女優賞は「リリーのすべて」(同3月18日)のアリシア・ヴィキャンデル(27)が受賞した。助演女優賞ノミネートの中では最年少。スウェーデン出身のヴィキャンデルは、同作品でエディ・レッドメイン演じるトランスジェンダーのアーティストの妻を演じた。

長編アニメーション賞部門には、ディズニー/ピクサーの作品「インサイド・ヘッド」が輝いた。米林宏昌監督のスタジオジブリ作品「思い出のマーニー」は受賞を逃した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below