November 11, 2019 / 6:29 AM / a month ago

BHP、石油事業で2020年代以降に高いリターン見込む

 11月11日、英豪系資源大手BHPグループは、石油事業が2020年代中およびそれ以降に高いリターンとキャッシュフローを生み出すとの見通しを示した。(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[11日 ロイター] - 英豪系資源大手BHPグループ(BHPB.L)(BHP.AX)は11日、石油事業が2020年代中およびそれ以降に高いリターンとキャッシュフローを生み出すとの見通しを示した。

有望なプロジェクトが多数あるという。

同社の石油事業担当社長がオーストラリアのシドニーで行われたブリーフィングで明らかにした。

BHPの2018/19年の実質利益の約16%は石油事業が稼ぎ出した。

同事業の今後10年間の実質利益率は60%を超える可能性があるという。

現在認められていないプロジェクトを含めたベースでは、同事業の今後10年間の年間成長率は数量ベースで最大3%になる可能性がある。主要プロジェクトの内部収益率は平均25%前後となる見通しという。

特に豪石油・ガス生産大手ウッドサイド・ペトロリアム(WPL.AX)が操業主体のスカボロー・ガス事業、メキシコ湾のワイルディング・フェーズ1、トライオン事業、トリニダード・トバゴ・ノース事業が有望という。いずれの事業もまだ認可されていない。

2020年度の従来型の石油生産は1億1000万─1億1600万石油換算バレルの見通しで、ユニットコストは1バレル=10.50─11.50ドル。従来のガイダンスを改めて示した。

同社長は、石油事業拡大のため、買収を検討する可能性もあるが、保有資源を増やす上では、探査活動が最も収益率が高いとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below