for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

資源大手BHP、原油・天然ガス事業の売却検討=報道

[20日 ロイター] - 豪英資源大手BHPグループは化石燃料からの脱却の一環として、原油・天然ガス事業の売却を含めた見直しを行っている。ブルームバーグ・ニュースが関係筋の話として報じた。

ブルームバーグによると、BHPは原油関連事業の見直しを進めており、第三者への売却(トレードセール)も選択肢として検討している。ただ検討は初期の段階にあり、まだ何も決定されていないとした。

この報道について、BHPの広報担当者は「BHPはうわさや観測についてコメントしない」と述べるにとどめた。

BHPの原油・天然ガス事業はオーストラリアのほか、米メキシコ湾、カナダ東部に集中。RBCのアナリストは、全体の価値は143億ドルに上ると試算している。

BHPは収益の大部分を鉄鉱石と銅事業から稼ぎ出しており、2018年にシェールオイル事業を英BPに104億ドルで売却している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up