for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領、一般教書演説でロシア批判へ インフレ対応も説明

3月1日、米ホワイトハウスは、バイデン大統領(写真)が同日行う一般教書演説の抜粋を公表した。ホワイトハウスで2月撮影(2022年 ロイター/Kevin Lamarque) 

[ワシントン 1日 ロイター] - 米ホワイトハウスは1日、バイデン大統領が同日行う一般教書演説の抜粋を公表した。それによると、西側諸国はロシアのプーチン大統領によるウクライナ侵攻への備えができていたと強調し、プーチン氏は西側の対応を見誤ったと述べる。

自身の政権はインフレと戦う計画を準備しているとも表明する。

演説では「歴史を通じてわれわれは教訓を得ている。それは独裁者が侵略の代償を払わない場合、彼らはさらなる混乱を引き起こし、行動を続け、米国と世界に対するコストと脅威は増大し続けるということだ」と述べる。

プーチン氏が戦争を防ぐための努力を怠ったとも非難する。

原稿抜粋によると、バイデン氏は「プーチンの戦争は計画的で、正当な理由がないものだった。彼は外交努力を拒否した。彼は西側と北大西洋条約機構(NATO)が反応しないと思っていた。そして、彼はここ米国内でわれわれを分裂させることができると考えた」と述べた上で、「プーチンは間違っていた。われわれは準備ができていた」と表明する。

また、インフレ高進も取り上げ、自動車や半導体の米国内での製造拡大を呼び掛ける。

「われわれには選択肢がある。インフレと戦う1つの方法は賃金を押し下げ、国民をより貧しくすることだが、私にはより良い計画がある」とし、「外国の供給網に頼る代わりに、米国内で製造しよう。インフレに対抗する私の計画は、あなた方のコストを下げ、赤字を減らすだろう」と述べる方針だ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up