October 20, 2015 / 1:39 AM / 5 years ago

「ビッグベン」しばらく見納めか、修理急務で費用は74億円にも

 10月19日、ロンドンの観光名所である英議会の時計台「ビッグベン」は、今年に入り時間のずれが生じるなど老朽化が進んでおり、数カ月におよぶ大規模修理が必要になるかもしれない。1月撮影(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 19日 ロイター] - ロンドンの観光名所である英議会の時計台「ビッグベン」は、今年に入り時間のずれが生じるなど老朽化が進んでおり、数カ月におよぶ大規模修理が必要になるかもしれない。156年の歴史の中で最も長い期間、時を刻むことをやめる可能性もある。

英議会では現在、修理費用や期間などが議論されているが、水食やひび割れが激しく、作業は大がかりになる見通し。

ある議会関係者は、サンデー・タイムズ紙に対して、修理コストは最大4000万ポンド(約74億円)に上り、修理は3年かかる、との見方を示した。壊れる寸前のため、修理が急務だという。

「ビッグベン」は、31年前にも大規模修理が行われており、その時は修復までに9カ月かかった。今年8月には1時間に6秒のずれが生じるなど、老朽化が激しい。時を知らせるその独特の鐘の音をしばらくの間は聴くことができなくなるかもしれない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below