April 27, 2016 / 1:16 AM / 3 years ago

英ビッグベンの鐘が数カ月間停止へ、来年から3年の大改修

4月26日、「ビッグベン」の愛称で親しまれる英国会議事堂の大時計の鐘が、時計台の改修のためにしばらく止められることになった。2014年8月撮影(2016年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン 26日 ロイター] - 「ビッグベン」の愛称で親しまれる英国会議事堂の大時計の鐘が、しばらく止められることになった。築160年近くを迎える時計台(高さ96メートル)の改修が来年から行われるため。

今回の作業は総費用2900万ポンド(約47億円)の改修の一環。来年初めに始まり、期間は3年の予定。この間、時計塔は足場で覆われるが、4面中1つは常に見られるようにするという。

下院の声明によると、鐘の停止は数カ月間で、重要行事の時のみ鳴らされる。最近では、2013年に故マーガレット・サッチャー元首相の葬儀に合わせ、敬意を表すために鐘が止められたことがある。

前回の大規模修繕は1983─85年に行われた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below