for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クリントン元米大統領が入院、血液感染症で 治療受け快方

 10月14日、CNNによると、クリントン元米大統領が12日、血液感染症の疑いでカリフォルニア州の病院に入院した。200年の同時多発攻撃20周年のセレモニーに参加したクリントン氏(中央)、ニューヨークで先月11日撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[ロサンゼルス 14日 ロイター] - クリントン元米大統領(75)がカリフォルニア州の病院に入院したことが14日、明らかになった。クリントン氏の報道官によると、新型コロナウイルスではない感染症が原因で、治療は順調だという。

報道官を務めるエンジェル・ウレナ氏は、クリントン氏は「快方に向かっており、上機嫌だ」と述べた。

CNNは医師らの話として、クリントン氏は倦怠感を感じたために病院で診察を受け、血液感染症である敗血症と診断されたと報じた。

入院先のカリフォルニア大学アーバイン・メディカル・センターの医師らは文書を出し、注意深い経過観察と抗生物質などの点滴を受けるために入院したと説明。2日間の治療の効果が表れているとし、近く退院できることを望むと述べた。

クリントン氏は過去に心臓の手術を受けているが、CNNは今回の入院とは無関係と報じた。また、プライバシー保護が主な理由で、集中治療室(ICU)に入っていると伝えた。医師らによると、人工呼吸器は使用していない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up