August 6, 2018 / 3:28 AM / 4 months ago

米イエローストーン国立公園でバイソン挑発、動画拡散で男を拘束

 8月3日、米イエローストーン国立公園で雄のバイソンを挑発したオレゴン州在住の男(55)が、次に訪れたモンタナ州の国立公園で2日、野生動物に対する嫌がらせの疑いでレンジャーに拘束された。写真は2011年8月イエローストーンで撮影のバイソン(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[パインデール(米ワイオミング州) 3日 ロイター] - 米イエローストーン国立公園で雄のバイソンを挑発したオレゴン州在住の男(55)が、次に訪れたモンタナ州の国立公園で2日、野生動物に対する嫌がらせの疑いでレンジャーに拘束された。

先月31日、公園内の道路を横断して車を止めたバイソンに男が近づき、挑発する身振りをみせる動画がネットに投稿された。バイソンが襲ってきたため男は逃走。当局は後に、男をオレゴン州在住のレイモンド・ラインケと特定し、逮捕状が発行された。

ラインケは数日前にも、グランド・ティトン国立公園で飲酒による治安妨害行為で拘束され、保釈金を支払い釈放されていた。

イエローストーンでは、動物と距離を取るよう来園者に求めており、バイソンとエルクからは25メートル以上、狼や熊などの肉食獣からは100メートルの距離を保つことを規則で指定している。

イエローストーンの広報担当者はロイターに、「珍しい動物がいて、来園者は大変興奮している。だが、自身の安全と、数万頭の動物が自由に移動する素晴らしい景色の安全を守るために、(動物との)距離を保つようお願いしている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below