May 11, 2016 / 7:06 AM / in 3 years

バイソンを米国の国獣に指定、議会が法案可決

 5月9日、米議会はバイソン(別名バッファロー)を国獣に指定する法案を可決した。オバマ大統領が署名した。2009年8月撮影の提供写真(2016年 ロイター/ U.S. Forest Service)

[サーモン(米アイダホ州) 9日 ロイター] - 米議会は9日、バイソン(別名バッファロー)を国獣に指定する法案を可決した。オバマ大統領が署名した。

バイソンは北米で最も大きな陸上哺乳類として知られ、米西部開拓の象徴的動物。かつては数千万頭が生息していたが、乱獲や政府の駆除政策で19世紀末には数百頭にまで減少した。

最後の50頭弱がイエローストーン国立公園で保護され、現在は敷地内にこの群の子孫4900頭が生息、野生の純血種の群としては最大となっている。  バイソンは1913年から25年にわたって5セント硬貨の裏面に図柄が刻印されているほか、1912年以来内務省の標章の図柄になっている。

米国ではこれまでに、ハクトウワシが国鳥に指定されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below