December 20, 2017 / 5:49 PM / a year ago

ビットコイン、米銀行システムに脅威与えず=通貨監督庁長官

[ワシントン 20日 ロイター] - 米通貨監督庁(OCC)のオッティング長官は20日、仮想通貨ビットコインについて、現時点では米国の銀行システムの安定に対する脅威にはなっていないとの見解を示した。

長官は記者団に対し、ビットコインへのエクスポージャーを巡りこのほど銀行に非公式調査を実施したとして、「一部投資を行った形跡はあったが、銀行はおおむねビットコインと距離を置いていることが分かった。ビットコインは銀行システムには入り込んでいないとみられる」と述べた。

長官は前任者が提唱したフィンテック企業への免許交付について、検討には時間が必要との認識を示した。

フィンテック企業が小口融資事業に参入し、金融機関が規制で撤退を余儀なくされた後に生まれたすき間を埋めていると指摘。銀行が独自のフィンテック・ソリューションで再参入することを期待するとし、「ただ銀行業界で満たされない場合、他の業者がこうしたサービス分野に参入し、提供する可能性についてオープンだ」と語った。

資本ルールを巡っては、小規模金融機関にとり複雑になりすぎたとし、要件の見直しが優先課題の1つと言明した。

小規模行の事業を困難にしている資金洗浄対策ルールについては、規制当局や議会が見直すことが望ましいとの考えも示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below