for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル/円5年ぶり高値から下落、利食い売りや持ち高調整で

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 20日終盤のニューヨーク外為市場ではドルが対円で5年ぶり高値から下落した。今週これまでの上昇を受けて利益確定の売りが出たほか、年末の休日を前にポジションを調整する動きが広がった。

12月20日、終盤のニューヨーク外為市場ではドルが対円で5年ぶり高値から下落した。2月撮影(2013年 ロイター/Shohei Miyano)

第3・四半期の米成長率は4.1%に上方修正され、量的緩和縮小を決定した米連邦準備理事会(FRB)の判断の正当性を裏付ける内容となった。一方日銀はマネタリーベースを拡大する現行の方針を維持し、ドルに対する円売り圧力を強める形となった。これを受け、ドルは一時対円で5年ぶり高値をつけた。

ドルはユーロとスイスフランに対しても一時2週間ぶりの高値に上昇した。

TD証券の為替ストラテジスト、グレッグ・ムーア氏は休日が近づきドルがやや後退したとしながらも「さほど重要な動きではない。幅広いドル高基調は続いている」との見方を示した。

ドル/円は一時104.64円まで上昇し2008年10月以来の高値を付けたがその後は値を消し、終盤の取引では0.2%安の104.04円となった。

ドル強気筋の間では105.25円付近が次の目標となっている。

格付け会社スタンダード&プアーズが欧州連合(EU)の長期格付けを「AAA」から「AAプラス」に引き下げたことで対ユーロでのドル買いが一時優勢となった。

ユーロ/ドルは12月5日以来の安値となる1.3623ドルをつけたが、終盤は値を戻し0.1%高の1.3679ドル。

ドルは対スイスフランで0.9048スイスフランまで上昇したが、終盤は0.3%安の0.8952フランとなった。

豪ドル/米ドルは0.7%高の0.8924米ドル。

ドル/円    終値   104.06/09

始値   104.54/56

前営業日終値   104.23/25

ユーロ/ドル  終値   1.3673/76

始値   1.3646/47

前営業日終値   1.3660/63

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up