Reuters logo
最古最遠の巨大ブラックホール観測、ビッグバン直後の存在に驚き
2017年12月7日 / 06:45 / 5日前

最古最遠の巨大ブラックホール観測、ビッグバン直後の存在に驚き

[ワシントン 6日 ロイター] - 地球から約131億光年離れた宇宙に、これまで見つかったうちで最も遠く、最も古いブラックホールが観測された。宇宙誕生まもない時期に存在したもので、この時期における存在は科学者らを驚かせている。研究は、科学誌ネイチャーに掲載された。

 12月6日、地球から約131億光年離れた宇宙に、これまで見つかったうちで最も遠く、最も古いブラックホールが観測された。宇宙誕生まもない時期に存在したことが科学者らを驚かせている。科学誌ネイチャーに掲載された。写真は提供イラスト(2017年 ロイター/Courtesy Robin Dienel/Carnegie Institution for Science)

このブラックホールは、中に落ち込むガスや塵をエネルギーにして輝く明るい天体「クエーサー」の中心にあり、太陽の8億倍の質量を持つ。成立時期はビッグバンからわずか6億9000万年後で、このころの宇宙年齢は現在の5%程度とみられている。

研究を率いた天文学者エドワルド・バナドス氏(カーネギー研究所)は「宇宙が50歳とすると、この(ブラックホールは)2歳半ごろの様子になる」と述べた。

このクエーサー「J1342+0928」が存在した時期は、宇宙に光が存在しなかった「暗黒の時代」(dark ages)から、重力によって物質がまとまり初期の天体となり、宇宙に光が生まれた時代への転換期に当たる。これほど早期にこのような巨大ブラックホールが存在した事実は、ブラックホールの成立と成長についてこれまで考えられていた説を覆す可能性をはらむという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below