April 6, 2018 / 6:02 AM / 7 months ago

巨大ブラックホール周辺にさらに数千個、銀河中心の構造を確認

 4月5日、米航空宇宙局(NASA)のチャンドラX線観測衛星のデータによって、天の川中心に存在することが知られている超大質量ブラックホールの周辺に数千個のブラックホールがある形状が確認された。研究は科学誌ネイチャーに掲載された。提供イラスト写真は「いて座A*」を取り巻く数十個のブラックホール(2018年 ロイター/Columbia University)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)のチャンドラX線観測衛星のデータによって、天の川中心に存在することが知られている超大質量ブラックホールの周辺に数千個のブラックホールがある形状が確認された。銀河系の中心には超大質量ブラックホールがあり、その周辺に多数のブラックホールが存在するとされてきた数十年来の推測が確認された形で、研究は科学誌ネイチャーに掲載された。

今回注目されたのは、銀河系中心の超大質量ブラックホール「いて座A*」を取り巻く数十個のブラックホール。これを元に、科学者らは「いて座A*」から3光年四方に最大1万個のブラックホールが存在すると推定した。

「いて座A*」は、太陽の400万倍の質量を持ち、地球から2万6000光年(1光年は約9.5兆キロ)の距離にある。

今回観測されたブラックホールはすべて巨大な星の崩壊によって生じたもので、近くを通過する恒星を捕捉し、結びついて伴星を持ち、連星系と呼ばれる星の固まりを形成した珍しいケース。ブラックホール自体は観測できないが、それが形成した連星系が発するX線を観測することで、存在が確認できるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below