August 10, 2018 / 3:11 AM / 2 months ago

スパイク・リー監督新作「BlacKkKlansman」、米LAでプレミア

[ロサンゼルス 9日 ロイター] - 米ロサンゼルスで8日、スパイク・リー監督の新作映画「BlacKkKlansman(原題)」のプレミア上映会が開催された。監督は人種差別を描いた同映画について、トランプ大統領に是非観てもらいたいと語った。

 8月8日、米ロサンゼルスで、スパイク・リー監督(写真)の新作映画「BlacKkKlansman」のプレミア上映会が開催された。監督は人種差別を描いた同映画について、トランプ大統領に是非観てもらいたいと語った(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

10日から全米で公開される。1970年代が舞台で、白人至上主義の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)に潜入した黒人刑事を描いた、実話に基づく作品。

デンゼル・ワシントンの息子のジョン・デービッド・ワシントンが黒人刑事を演じ、彼を助ける白人刑事役をアダム・ドライバーが演じる。

リー監督はロイターテレビに「名前は出さないが、ホワイトハウスにいるあの男にも観てもらいたい」と語った。

映画批評サイトのロッテン・トマトでは、100%という高評価を得ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below