March 24, 2016 / 8:21 PM / in 2 years

米国株を選好、日本株の投資判断引き下げ=ブラックロック

[ 24日 ロイター] - 世界最大の資産運用会社、米ブラックロック は、米国株の投資判断を引き上げる一方、当初推奨していた日本株については引き下げた。

ブラックロックは米株の見通しを引き上げた理由について、米経済の底堅さに言及。

緩やかに成長すると楽観しているとし、「予想より強めのインフレ指標も含め、米経済は国際情勢の不透明性を乗り切っているもようで、リセッション(景気後退)が近付いているとの懸念は少々行き過ぎの可能性がある」とした。

一方、日本株については「日銀のマイナス金利決定以降、市場のボラティリティーが急激に高まっており、大幅な円高により輸出業者の利益が下振れるリスクが増大している」と分析。マイナス金利幅が一段と拡大すれば、金融株に対する圧力も増す公算が大きいとした。

同社のストラテジスト、ラス・ケステリッチ氏は前月、日本株は割安感があり「売られ過ぎ」と指摘。日銀の利下げで円は値下がりし、日本株は強含むだろうとの見方を示していた。

ブラックロックはまた、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を6月23日に控え、英国株の投資判断を引き下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below