April 16, 2019 / 2:31 PM / 3 months ago

米ブラックロック、第1四半期利益は予想上回る 運用資産3%増

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米資産運用大手のブラックロックが16日発表した第1・四半期決算は、利益が予想を上回った。また、金融市場が回復する中、運用資産額も前年比で650億ドル増加した。

総運用資産額は前年比3%増の6兆5200億ドル。世界の株式市場が幅広く回復したことを受けた。昨年末の市場混乱時は一時6兆ドルを下回っていた。

第1・四半期の純流入額は前年同期比13.6%増の646億7000万ドルだった。

同社の株式・債券・その他長期投資ファンドの販売額は590億ドルで、第4・四半期の436億ドルから増加した。

ブラックロックは第1・四半期に株式ポートフォリオで260億ドルを超える損失を出したが、これは800億ドル近い固定収入の増加で相殺された。長期投資が590億ドル増加した。

機関投資家向けファンドの純流入額は前年同期からほぼ9倍の291億2000万ドルとなった。

同社帰属の純利益は10億5000万ドル(1株当たり6.61ドル)で、前年同期の10億9000万ドル(同6.68ドル)から減少。ただ、リフィニティブによるアナリスト予想の6.13ドルは上回った。

同社が注力する技術サービスの収入は、前年同期比11%増の2億0400万ドルだった。

ラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)はロイターとのインタビューで、米経済は鈍化後に再び加速しており、株式への「大規模」流入の準備が整ってきたと述べた。

同社の株価は午前の取引で約2.5%上昇している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below