June 19, 2019 / 7:55 AM / a month ago

ブラックストーンCEO、英オックスフォード大に1.5億ドル寄付へ

 6月19、投資会社ブラックストーンのスティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO、写真)は、英オックスフォード大学に人文科学センター設立資金として1億5000万ドルを寄付すると表明した。ビバリーヒルズで4月撮影(2019年 ロイター/MIKE BLAKE)

[ロンドン 19日 ロイター] - 投資会社ブラックストーン(BX.N)のスティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)は、英オックスフォード大学に人文科学センター設立資金として1億5000万ドルを寄付すると表明した。単独としては同大学史上最大の寄付額となる。

ブラックストーンの会長で共同創業者でもあるシュワルツマン氏は、寄付で設立されるのは「シュワルツマン・センター」と呼ばれる施設で、歴史から音楽まで広範なプログラムを支援すると説明した。センターにはこのほか、人工知能(AI)倫理研究のための新施設が入り、500席のコンサートホール、250席の講堂も造られるという。

シュワルツマン氏は、「オックスフォード大における人文科学研究は、約1000年にわたって西洋の文明と学識の中核を担ってきた。その見識と理念を、今日の変化の激しい世界にしっかりと適用させる必要がある」との声明を発表した。

一方大学は、同センターは、人間であることの意味のまさに本質に挑戦し、われわれの生活の大半を一変させる」可能性を持つAIの影響について検討していくと説明した。

オックスフォード大では、学生の約4分の1が、近代諸言語や神学、哲学、英語を含む人文科学を学んでいる。

シュワルツマン氏はこれまでにも、米マサチューセッツ工科大学(MIT)に3億5000万ドル、エール大学に1億5000万ドルを寄付しているほか、2013年には中国の清華大学に5億7500万ドルの国際奨学金プログラムを創設するなどしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below