December 14, 2017 / 7:39 AM / 7 months ago

ブラックストーン、ベイン坂本氏起用 日本で企業買収立ち上げ=関係筋

[東京/香港 13日 ロイター] - 米投資会社ブラックストーン・グループ(BX.N)が、日本での企業買収チーム立ち上げに米ファンドのベインキャピタルのマネージングディレクター、坂本篤彦氏を起用したことが事情に詳しい関係者の話で明らかになった。

ベインのウェブサイトによると、坂本氏は2007年にベインに入社。テクノロジー、メディア、通信部門を専門としている。

ブラックストーンはこれまで日本で不動産部門に重きを置いてきたが、同社初のアジア向けプライベートエクイティ(PE)ファンドを通じて30億ドル以上の調達を目指すなか、投資対象を拡大しつつある。

関係者によると、坂本氏は日本に特化したバイアウト・チームを立ち上げる見通しで、関係者の1人は国内の人材をさらに起用する見込みだと述べた。

ブラックストーンとベインからコメントは得られていない。

日本ではPEへの関心が高まっており、調査会社プレキンによると、日本を拠点とするPE企業の年初からの調達額は48億ドルと、前年の3倍となり、2007年以来の高水準となっている。

ベインは日本での買収を積極化させているPEグループの1つで、東芝(6502.T)は今年、ベインが主導する日米韓連合に半導体事業を2兆円で売却することで合意。ベインによる広告大手アサツーディ・ケイ(DK)9747.Tへの株式公開買い付け(TOB)も前週、成立した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below