November 12, 2017 / 2:53 AM / 2 months ago

サッカー=元女子米代表GK、FIFA前会長のセクハラ主張

[11日 ロイター] - 女子サッカーの元米国代表GKホープ・ソロ(36)は、国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター前会長からセクハラを受けたことがあると主張した。

ソロは11日にポルトガルの週刊誌エスプレッソに掲載されたインタビューで、2013年1月のFIFA年間表彰式で「ステージに上がる前に、ゼップ・ブラッター氏に尻をつかまれた」とコメント。さらに「同様の行為は常態化している」と述べた。

ソロはその表彰式で、FIFA年間最優秀女子選手のプレゼンターを務めた。

ブラッター氏は11日、電話インタビューで「ソロの主張はあり得ないし、ばかげている。事実ではない」と述べ、疑惑を否定した。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below