February 23, 2018 / 1:25 AM / 7 months ago

サッカー=ブラッター前FIFA会長、26年W杯のモロッコ開催支持

[ベルン 22日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター前会長は、2026年ワールドカップ(W杯)の開催地として北アフリカ諸国が理にかなった選択肢だとし、モロッコを支持する考えを示した。

 2月22日、ブラッターFIFA前会長は、2026年ワールドカップの開催地として北アフリカ諸国が理にかなった選択肢とし、モロッコを支持した。2017年4月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

モロッコは1994年、98年、06年、10年大会でも立候補したが、いずれも落選。今回が5回目の招致となる。他の候補は3カ国共催を目指している米国、カナダ、メキシコのみ。

ブラッター氏はツイッターに「02年(日韓W杯)以降、FIFAは共催を拒否している。だとすれば、今回はモロッコの選出で筋が通るし、再びアフリカの番だ」と投稿した。

アフリカ開催はこれまで10年の南アフリカ大会のみ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below