March 19, 2018 / 9:15 AM / a month ago

ブロックチェーン技術で日銀や海外当局らと研究会=金融庁

[東京 19日 ロイター] - 金融庁は19日、国内外の金融当局や中央銀行、学会関係者を集めて、ブロックチェーン(分散型台帳)技術の国際共同研究を行ったと発表した。

 3月19日、金融庁は、国内外の金融当局や中央銀行、学会関係者を集めて、ブロックチェーン(分散型台帳)技術の国際共同研究を行ったと発表した。写真はデータセンター、アイスランドのハフナルフィヨルズゥルで2015年8月撮影(2018年 ロイター/Sigtryggur Ari)

研究会は3月8日から2日間の日程で行われ、日銀やカナダ銀行、英国の金融行為規制機構、シンガポール金融管理局などが参加した。

金融庁は、中央管理者が存在せず、ネットワークへの参加が自由な「パブリック型ブロックチェーン」の脆弱性やセキュリティが及ぼす影響について、技術的な研究を行っている。今回の会合では、ブロックチェーンの技術的なリスクや活用事例などについて議論が行われた。

金融庁は、ブロックチェーン技術に関する国際的な共同研究の枠組みを2017年3月に立ち上げた。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below