January 24, 2017 / 5:06 AM / 3 years ago

ブログ:大統領就任式の「対比写真」撮影の裏側

[23日 ロイター] - ソーシャルメディアで話題となり、ホワイトハウスを動揺させたトランプ大統領就任式の全景写真は、ワシントン記念塔のほぼてっぺんから撮影したため、まず階段を900段近く登ることから始まった。

 1月23日、ソーシャルメディアで話題となり、ホワイトハウスを動揺させたトランプ大統領就任式の全景写真は、ワシントン記念塔のほぼてっぺんから撮影したため、まず階段を900段近く登ることから始まった。ワシントンで20日撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

ロイターは13日、米国立公園局に対し、国立公園のナショナル・モールを見渡せる絶好の場所である、記念塔の頂上に近い展望台にカメラマンが入って撮影できないかメールで問い合わせた。公園局は16日、他メディアから要請があれば写真を使用できるようにすることを条件に許可してくれた。

エレベーターが改修中だったため、カメラマンのルーカス・ジャクソン記者は、カメラ機材が詰め込まれたリュックサックとショルダーバッグ、そして脚立を担ぎ、約150メートルの高さに到着すべく、階段897段を登らねばならなかった。

「まったく大変だった」とジャクソン記者は語る。

展望台から撮影したのはロイターのほか、CBSニュースと公園局のカメラマンだけだった。ロイターは過去の写真と並べて配信した。

写真左がトランプ大統領就任式、右は2009年のオバマ大統領就任式

写真左がトランプ大統領就任式、右は2009年のオバマ大統領就任式

1枚はトランプ氏が宣誓しているときにジャクソン記者が撮影したもので、もう1枚は2009年1月20日、オバマ大統領が最初の就任演説を終えるころにロイターのステリオス・バリアス記者が同じ場所から撮影したものだ。

ロイターは、この2枚の組み合わせ写真を20日午後2時2分に配信。キャプションには「2017年1月20日午後12時1分にワシントンのナショナル・モールで撮影された、トランプ大統領の就任式に集まった観衆(左)と、同じく2009年の同日に同じ場所でオバマ大統領の就任式に集まった観衆を撮影した組み合わせ写真」とある。

キャプションはどちらの観衆が多いかについては触れていない。

この写真はまもなく、観衆数の規模について比較するコメントとともにツイッターなどのソーシャルメディアで拡散された。トランプ政権発足後の最初の週末は、この話題でもちきりとなった。

トランプ大統領は21日に中央情報局(CIA)本部を訪れた際、就任式の観衆は100万から150万強はいたと主張。「不誠実なメディア」が公園の空きスペースの写真を見せていると文句を言った。

スパイサー大統領報道官は同日、一部のメディアが「意図的に誤った報道」に従事していると非難。「就任式を目撃した観衆の規模は過去最大だった。以上だ。直接見た人の数でも中継で見た人の数でもだ」と語った。

──関連記事:スパイサー米大統領報道官、「今後はうそつかない」と約束

同報道官は23日、過去には存在しなかった機器で「数千万人がインターネットで見た」ことを考えれば、その発言に変わりはないと自身の発言を擁護した。

(写真:Lucas Jackson、Stelios Varias 文責:Daniel Trotta)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below