Reuters logo
ブログ:フィリピン麻薬戦争の暗部
2016年8月4日 / 06:26 / 1年後

ブログ:フィリピン麻薬戦争の暗部

[マニラ 31日 ロイター] - フィリピンで、殺された夫の遺体を抱きかかえ、嘆き悲しむ女性の画像がインターネット上で広がると、ドゥテルテ大統領はそれを「メロドラマ」と呼んだ。

 8月1日、フィリピンで、殺された夫の遺体を抱きかかえ、嘆き悲しむ女性の画像がインターネット上で広がると、ドゥテルテ大統領はそれを「メロドラマ」と呼んだ。マニラで7月撮影(2016年 ロイター/Czar Dancel)

5月の大統領選で、実質的に唯一の政策であり、1600万人の国民に対する大きな公約として掲げた麻薬撲滅において、ドゥテルテ大統領はほとんど語り尽くしている。

「パニッシャ―(私刑執行人)」として知られるドゥテルテ氏は約束を守る。

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

ドゥテルテ氏が大統領に就任してから、わずかこの1カ月の間で数百人の麻薬密売容疑者が殺害された。首都マニラではある晩、6人が暗殺された。

そのなかには、冒頭の女性、ジェネリン・オライレスさん(26)の夫であるマイケル・シアロンさん(29)も含まれていた。シアロンさんは、オートバイに乗った見知らぬ者たちから撃たれ死亡した。

「友人が、マイケルが撃たれたと叫んだ。私は走って外に出た」と、オライレスさんはそこかしこにスラム街や不法占拠者、泥棒が存在するマニラ南部パサイの荒廃した地区でこう語った。

「さまざまな思いが頭をよぎった。なぜあなたなの。あなたはこんなことになるべき人ではない。あなたの他にもっとふさわしい人がいる」と、オライレスさんは夫を見つけたときのことを振り返った。

「私に翼があったなら、すぐに彼のところに飛んでいくのに」

夫を抱きかかえるオライレスさんを、警察の非常線越しにカメラマンが取り囲んだ。夫の遺体のそばには、「麻薬密売人」と書かれた段ボールの一片が残されていた。

通夜で夫シアロンさんの遺体を見るオライレスさん。フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

通夜で夫シアロンさんの遺体を見るオライレスさん。フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

フィリピンでは毎日のように同様の殺人が数多く行われているが、麻薬や犯罪があまりに根深く、社会から怒りの声はほとんど聞こえてこない。

警察によると、7月1─27日に316人の麻薬密売容疑者が殺されたが、そのうち195人は自警団によるものだった。複数の人権団体は、その数は少なくとも公式発表の2倍に上ると推定している。

ドゥテルテ大統領は、自警団による殺害を非難しない。過去にはそれを奨励さえしていた。

強硬な物言いで知られた前ダバオ市長のドゥテルテ大統領は7月25日、就任後初の施政方針演説のなかで、オライレスさんが夫を抱きかかえる画像について言及し、メディアはそれを、聖母マリアが十字架から降ろされたキリストを抱きかかえるミケランジェロのピエタ像のように扱おうとしたと語った。

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

オライレスさんは夫がドラッグを使用していたことは認めるが、売人では絶対にあり得ないと語る。なぜなら、あまりに貧しく、次の食事を賄うことさえほとんどできなかったからだ。

夫のシアロンさんは輪タクのほか、さまざまな雑用仕事から収入を得ていた。

5月の大統領選では、シアロンさんはドゥテルテ氏に投票していた。

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

「彼らはこれ以上生きる価値のない人たち、社会にとって脅威となる人たちを殺さなくてはならない。他の人たちに害を与えるから。でも、無実の人たちを殺してはいけない」と、オライレスさんは言う。

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

「社会の同情はいらない。大統領に知ってもらう必要もない」

「夫はこうした人たちが好きではなかった。でも私はただ、彼らに本当の犯罪者を捕まえてほしいだけ」

ドゥテルテ大統領にメッセージがあるかと聞かれると、オライレスさんはこう答えた。

「人ではなく、ドラッグを撲滅して」

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

フィリピンの首都マニラで7月撮影(2016年 ロイター/CZAR DANCEL)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below