July 21, 2016 / 4:31 AM / 2 years ago

ブログ:地球に優しいリオ五輪メダル

[リオデジャネイロ(ブラジル) 29日 ロイター] - 五輪金メダルの獲得に何が必要かを選手に尋ねるなら、汗とトレーニングの日々だと答えるだろう。しかしブラジル国家造幣局にとってその答えは至ってシンプルだ──。それはリサイクルされた「銀」である。

 6月29日、リオ五輪の金メダルは、ほぼ99%が銀でできている。写真は同五輪の金・銀・銅メダル。リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/Sergio Moraes)

陸上男子のウサイン・ボルトや、競泳男子のマイケル・フェルプスをはじめとする各国強豪がリオ五輪で獲得を狙う、重量約500グラムの金メダルは、ほぼ99%が銀でできている。主にメッキに使われる金の含有率はわずか1.2%だ。

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

「大変光栄であり、責任重大だ」と語るのは、メダル製造の責任者であるビクトル・ウーゴ・ベルベルトさんだ。

リオデジャネイロ五輪とパラリンピックのメダル計5130枚の製造には、それぞれ約48時間はかかるという。80人余りが24時間体制で製造に当たっている。

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

五輪の歴史のなかで、リオ五輪のメダルは最も地球に優しい。銀メダルの多くは、古い鏡やX線プレートからリサイクルされている。金メダルは、鉱石から金を採取する際によく使われる水銀を使用していない。水銀は慎重に処分されなければ、生態系を害する恐れがある。

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

メダルの片面には、五輪マークの下にギリシャ神話に出てくる勝利の女神ニケが刻まれている。反対側はリオ五輪のロゴだ。また側面には、競技の種目が記されている。

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

「勝利のためにすべてを懸けた選手の胸に飾られるなんて、大変な満足感だ」と、造幣局で40年以上働くネルソン・ネト・カルネイロさんは語った。

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

リオデジャネイロで28日撮影(2016年 ロイター/SERGIO MORAES)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below