April 17, 2015 / 3:57 PM / 4 years ago

ブルームバーグでシステム障害、世界に「前例なき」影響

[ロンドン 17日 ロイター] - 米大手情報会社、ブルームバーグの取引システムに17日、障害が発生し、世界金融市場で広範な影響が出た。英国債入札が延期されたほか、欧州株式市場のボラティリティーが高まった。

 4月17日、ブルームバーグの取引システムで障害が発生、世界金融市場に広範な影響が出た。写真はニューヨーク証券取引所内の同社端末。17日撮影(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

大半の顧客へのサービスはその後復旧した。値動きが把握しづらくなったことで、欧州株の売りが加速、ドイツ連邦債先物の取引量は約30%減少した。

市場参加者らによると、システム障害が最初にソーシャルメディアで報告されたのは0720GMT(日本時間午後4時20分)前後で、2時間近く画面に全く表示されない状態が続いた。値動きが確認できず、ニュース配信も途切れがちだったという。

システム障害の原因は分かっていない。ブルームバーグは声明で「現時点で、内部ネットワーク以外の問題を示すものはない」と説明した。

ブルームバーグのシステム障害を受け、英債務管理局(DMO)は短期債30億ポンドの入札を延期、同日中に実施時刻を変更した。

同局報道官は、同様の事態で入札延期を余儀なくされた事例はかつてなかったと思うと話した。取引関係者らも、ブルームバーグ画面がダウンした時間の長さは前例がないと話す。

イングランド銀行(英中央銀行)は、中核業務には影響が出ておらず、必要なら流動性供給や金融安定の責務を遂行する手段を有していると表明した。

英金融行動監視機構(FCA)は声明で、企業への影響を注視していると説明した。

ユーレックスのデータによると、ドイツ連邦債先物の取引量は0700━0900GMT(日本時間午後4時━6時)の間、数週間前の同時間帯より3割前後減少した。

トムソン・ロイター傘下のIFRは銀行関係者の話として、10億ユーロ超の社債入札実施が少なくとも1件、システム障害の影響で遅れたと伝えた。

1225GMT(日本時間午後9時25分)時点で、欧州株式市場のFTSEユーロファースト300指数.FTEU3は1.6%下落している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below