for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

地球最大・シロナガスクジラの心拍数、最遅で2回/分と判明

[25日 ロイター] - 地球で最も大きな動物で、体重は200トンにもなるシロナガスクジラの心拍数が初めて計測された。えさを求めて潜水する時は、1分間にわずか2回だという。

スタンフォード大学の研究チームによると、計測には多くの工夫とちょっとした幸運が必要だった。

チームは、生体を傷つけない吸着カップにセンサーを詰め込み、胸ビレの近くにくっつけることに成功。この巨大なクジラの心拍数は、えさを探して潜水する時、1分間にわずか2回だったことが分かった。

海面に戻る時は最大で37回/分だった。

これに比べ、人間の心拍数は平均で約80回/分、世界最小の哺乳動物では数千回/分だという。

同大の研究者ジェレミー・ゴールドボーゲン氏によると、当初は調査がうまくいくか、そもそもシロナガスクジラを発見できるかどうかすら不明だった。

同氏はプレスリリースで、クジラは食料供給に関係のある環境の変化に影響を受けやすいと示唆。今回のような研究が、絶滅危惧種の保護においてカギになるかもしれないとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up