for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独BMW、中国の新工場が稼働開始 EV生産拡大へ

 ドイツ高級車メーカーのBMWは6月23日、電気自動車(EV)の生産を加速する中、150億元(22億4000万ドル)を投じた中国の新工場で正式に生産を開始したと発表した。写真は同社のEV。上海自動車ショーで昨年4月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

[上海 23日 ロイター] - ドイツ高級車メーカーのBMWは23日、電気自動車(EV)の生産を加速する中、150億元(22億4000万ドル)を投じた中国の新工場で正式に生産を開始したと発表した。

遼寧省に新工場が稼働することで、同社の年間生産台数は2021年の70万台から83万台に増加する。同工場は中国国内で3番目の組み立て工場となる。

この工場は、市場の需要に応じてバッテリー駆動型EVのみを生産することができるよう設計されているという。

最初に生産する車種は中型スポーツセダンEV「i3」で、中国顧客向けのEV車種を来年13に増やす計画。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up