March 23, 2018 / 7:41 AM / 6 months ago

独BMW、EV量産は2020年以降=CEO

[フランクフルト 22日 ロイター] - ドイツ自動車大手BMW(BMWG.DE)のハラルド・クルーガー最高経営責任者(CEO)は22日、電気自動車(EV)の量産化は2020年まで行わない方針を示した。現在、開発中の第4世代のEV技術では量産で利益を出すのに不十分なため、改善を重ねた第5世代以降となる。

 3月22日、ドイツ自動車大手BMWのハラルド・クルーガーCEOは、電気自動車(EV)の量産化は2020年まで行わない方針を示した。写真は同社のロゴ。ミュンヘンで21日撮影(2018年 ロイター/Michael Dalder)

BMWによると、5月に発売が予定されているEV「i8ロードスター」は第4世代で、バッテリー原料などの改善により前世代と比べて航続距離は40%延びている。同社はEV技術をよりモジュラー化して拡張性をもたせ、大量生産で採算が合うようにする。

クルーガーCEOはアナリスト向けの説明会で「競争に勝つためにはこのセグメントで最も高いコスト競争力を持たなければならない。そうでないと量産化できない」と強調した。

BMWは25年までにEV25車種を発売する計画で、このうち12車種は完全に電気だけで走行する純EVになる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below