May 5, 2018 / 2:30 AM / 6 months ago

独BMW、第1四半期は為替の影響で営業利益3%減 利益率上昇

 5月4日、ドイツの自動車大手BMWの第1・四半期決算は、営業利益が3%減少した。写真は同社ロゴ。米ミシガン州で1月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[フランクフルト 4日 ロイター] - ドイツの自動車大手BMW(BMWG.DE)の第1・四半期決算は、営業利益が3%減少した。利益率が上昇し、高級車部門の販売台数が伸びたものの、為替相場の影響が売上高や利益を圧迫した。

利払い・税引き前利益(EBIT)は27億3000万ユーロ(32億7000万ドル)と、前年同期の28億2000万ユーロから減少。

売上高は前年同期比5.1%減の227億ユーロ。為替相場の影響を除くベースでは0.7%減だった。

高級車部門の納入台数は2.8%増の51万7447台。新型「5シリーズ」やオフロード車「X1」の販売が好調だった。傘下ブランド「ミニ」の販売台数も4%増加した。

自動車部門の利益率は9.7%と、前年同期の9.4%から上昇した。2018年通年では、8─10%の達成を目指す。

2018年通年のグループ全体の税引き前利益については、少なくとも前年の水準になるとの見通しを維持した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below