for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BNPパリバ、第2四半期は26.6%増益 国内リテールが好調

[パリ 30日 ロイター] - フランスの銀行大手BNPパリバが30日発表した第2・四半期決算は、純利益が26.6%増の29億1000万ユーロだった。

フランスの銀行大手BNPパリバが30日発表した第2・四半期決算は、純利益が26.6%増の29億1000万ユーロだった。写真は2019年10月撮影(2021年 ロイター/Regis Duvignau)

国内のリテール金融部門が好調だったほか、貸倒引当金が新型コロナウイルス流行前の水準まで減少した。

貸倒引当金を反映する「コスト・オブ・リスク」は43.8%減の8億1300万ユーロ。

収入は0.9%増。リテール金融部門が9.5%の増収となった。法人・投資銀行部門は前年同期比で減収となった。前年同期は市場のボラティリティー上昇で業績が好調だった。

預金は前年同期比で7.5%増。「公衆衛生上の危機が顧客の行動に及ぼす影響」が背景という。融資は4%増加した。

新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)や外出禁止で、オンラインバンキングへの移行が進み、モバイルアプリの1日の利用が25.1%増えた。

ジェフリーズのアナリストはリポートで、第2・四半期の利益が予想を上回ったと指摘。フランスのリテール金融部門の業績が予想を上回り、コストが適切に管理されていると分析した。

トレーディング部門は、株式業務が前年同期比で2.6倍の増収となったが、債券・為替・商品(FICC)は43%減少した。

合併・買収(M&A)の助言業務を強化している法人金融部門は1.6%の減収。

今年は追加で1株当たり1.55ユーロの配当を支払う方針も表明した。欧州中央銀行(ECB)は先週、銀行の配当制限を解除する方針を示した。

BNP株は今年に入り20.8%上昇。STOXX欧州600銀行指数の約24%上昇を下回っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up