July 31, 2020 / 7:04 AM / 3 days ago

BNPパリバ、第2四半期利益が予想上回る 投資銀行部門が好調

[パリ 31日 ロイター] - フランスの銀行大手BNPパリバ(BNPP.PA)が発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。

7月31日、フランスの銀行大手BNPパリバが発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。パリのBNPパリバ支店で2月撮影(2020年 ロイター/Benoit Tessier)

新型コロナウイルスの流行を受けて、企業向けの融資需要が増えたほか、債券のトレーディング業務と引き受け業務が好調だった。

法人・機関投資家部門の収入は33.1%増。債券・為替・商品(FICC)のトレーディング収入が153.8%増加した。

新型コロナの流行を受けて各国の企業が資金確保に奔走する中、同行は第2・四半期にグローバル協調融資、債券、株式市場の顧客のために1600億ユーロ以上を調達した。前年同期比で91%の増加となった。

ジャン・ローラン・ボナフェ最高経営責任者(CEO)は「社内のチーム、リソース、専門知識を素早く動員し、欧州内外の顧客のニーズを満たすことができた」と表明した。

新型コロナの流行で不良債権の増加が懸念される中、投資銀行部門の業績は一定の安心感を与える内容となった。

新規の貸倒引当金の計上額を反映するリスク費用は、第2・四半期に前年比8億ユーロ増の14億ユーロと、予想を下回った。

同行は、各国のロックダウン(都市封鎖)がリテールバンキング部門の収入に悪影響を及ぼしたが、欧州では6月に予想以上の回復が見られたと指摘している。

第2・四半期の純利益は6.8%減の23億ユーロ(27億4000万ドル)。ロイターがまとめたアナリスト予想は15億ユーロだった。

収入は4%増の117億ユーロ。予想は110億ユーロだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below