July 30, 2018 / 7:54 AM / 20 days ago

保護主義で雇用や成長が犠牲にー英中銀総裁=通信社

[ロンドン 30日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁はブルームバーグとのインタビューで、保護主義という不穏当な手段を追求すると雇用や成長、安定が犠牲になる一方、サービス貿易の世界的な自由化は、より共生的なシステムの構築につながるとの考えを示した。

 7月30日、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁はブルームバーグとのインタビューで、保護主義という不穏当な手段を追求すると雇用や成長、安定が犠牲になる一方、サービス貿易の世界的な自由化は、より共生的なシステムの構築につながるとの考えを示した。写真はニューキャッスルで5日撮影(2018年 ロイター/Phil Noble)

中銀の調査によれば、サービス貿易の規制を削減することで、世界の過剰な不均衡をほぼ半分に減らすことが可能になるという。

総裁は「われわれは二国間のモノの貿易収支に焦点を合わせた保護主義の不穏当な道と、サービスの世界貿易の自由化という王道を選ぶことができる。不穏当な道は雇用、成長、安定を犠牲にする。王道は、より包括的で回復力のあるグローバル化を支援することができる」と述べた。

また、英国の欧州連合(EU)離脱について質問され、来年3月の離脱までにEUとの間で将来の関係に関する合意を結べなければ、銀行は3月に「無秩序な離脱というストレステスト」に直面しかねないと答えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below