for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英中銀幹部、保険会社に気候変動への備え強化を要請

[ロンドン 9日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のアナ・スウィーニー理事は9日、保険会社など金融機関が有する自己資本の金額は、気候変動によって生じるリスクへの備えに直結しているとの認識を示した。格付け会社ムーディーズが開催したイベントで述べた。

同理事は、保険会社は新型コロナウイルス危機に耐性を示したが、気候変動という長期的な脅威への備えははるかに難題だ、と述べた。

保険会社は、気候変動で火災や暴風雨による物理的損害に対する保険金支払いが増大するほか、低炭素社会への移行による投資への影響など、複数のリスクに直面していると指摘。多くの保険会社にとって気候変動がバランスシートに与える影響への対応は「道半ば」だとした。

そのうえで「気候変動リスクに対処するためのインセンティブが資本要件の中に明確に組み込まれていれば、企業と監督当局の双方にとり気候変動リスクへの備えがさらに進展する可能性がある」と指摘。「そうすべきか否か、またそれを達成するにはどうすべきかは簡単な問題ではない。たたこれは、保険会社や広く当局の監督下にある金融サービス業界において確実に必要なことで、迅速に対応しなければならない問題だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up