Reuters logo
英国の中立的金利水準、市場の見方は妥当=中銀副総裁
2014年10月23日 / 11:03 / 3年後

英国の中立的金利水準、市場の見方は妥当=中銀副総裁

[ロンドン 23日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のブロードベント副総裁は23日、中立的な金利水準についての市場の見方は妥当との見解を示した。

 10月23日、イングランド銀行(英中銀)のブロードベント副総裁(写真)は23日、中立的な金利水準についての市場の見方は妥当との見解を示した。8月撮影(2014年 ロイター/Suzanne Plunkett

副総裁はこれに先立ち、ロンドンのソサエティー・オブ・ビジネス・エコノミスツで行った講演で、国内の実質中立金利については「今後しばらくは低位で安定するが、将来的には、経済成長の阻害要因が解消され、上昇する可能性が高い」との認識を示した。また、利上げは緩やかなペースで進めると語った。

副総裁は、中立金利の水準が現時点でプラス圏にあるか聞かれ、インフレ調整後は恐らくマイナス圏にあると述べた。具体的な数値は示さなかった。

「(英中銀)の金利を名目ベースで現在の水準に維持するのはおおよそ正しい。政策金利が非常に緩やかに上昇する見込みであることを踏まえても、だいたい望ましい水準にあるようだ」と語った。

また、金利を現在の過去最低水準からある程度上げるまでは、資産買い入れ枠を現行の3750億ポンドから縮小することはないという中銀の姿勢を改めて示した。

ブロードベント氏はまた、欧州中央銀行(ECB)による民間セクターの資産買い入れは、国債を買い入れた場合よりも効果を発揮する可能性があるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below