October 28, 2019 / 9:29 PM / 17 days ago

為替と関税の影響、マクロ経済推計は過小評価の公算=英中銀委員

 10月28日、イングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のテンレイロ委員は、貿易の流れに外国為替相場と貿易障壁は引き続き大きな役割を果たし続けるとし、マクロ経済推計では関税措置の影響が過小評価されている可能性があるとの見解を示した。写真はイングランド銀の建物。ロンドンで2013年8月撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 28日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のテンレイロ委員は28日、貿易の流れに外国為替相場と貿易障壁は引き続き大きな役割を果たし続けるとし、マクロ経済推計では関税措置の影響が過小評価されている可能性があるとの見解を示した。

テンレイロ委員は英中銀で行った講演で「国際貿易におけるドルの支配的な役割は重要な現象だ」とし、「外為相場は輸出量に重要な役割を果たす」と述べた。

また、米中が相互に導入している関税措置に言及し、貿易障壁の影響は純粋なマクロ経済予測よりも大きい可能性があると指摘。「米国のように規模が大きい経済も成長が阻害される可能性がある」とし、「信頼感の低下と不確実性の増大で当初の影響が拡大されれば、全般的な減速は悪化する。こうしたことは規模が小さい経済に対してより重大となる」と述べた。

この日の講演では英中銀の金融政策見通しについては言及しなかった。

同委員は、銀行部門が大量の国債を保有することに伴う世界経済のリスクにも注目。ユーロ圏債務危機の根底にはこの問題があったが、イタリアでは現在もこの問題が懸念要因となっている。

銀行が国債を保有し政府が銀行を救済するという「破滅のループ」については、融資が減り、景気が鈍化し、財政が悪化するという懸念があるが、同委員は、銀行が自国の国債を保有する重要なメリットもあると指摘。

「銀行が保有する政府資産を様々な国に完全に分散すれば、戦略的なデフォルトのループが起きるリスクがある」とし「国債の大部分を国内銀行が保有していれば、返済しようという政府のインセンティブが高まる」と述べた。

*内容を追加し、カテゴリーを広げました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below