November 19, 2019 / 11:17 PM / 25 days ago

米当局、ボーイングに737NGの部品再設計要求

11月19日、米国家運輸安全委員会(NTSB)はボーイングに対して小型旅客機737NG(ネクスト・ジェネレーション)の部品の再設計を要求した。写真はボーイングのロゴ。ニューヨークで8月撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国家運輸安全委員会(NTSB)は19日、ボーイング(BA.N)に対して小型旅客機737NG(ネクスト・ジェネレーション)の部品の再設計を要求した。昨年4月、サウスウエスト航空(LUV.N)の737―700型機がエンジン破損事故を起こして乗客1人が死亡したことを踏まえた措置。737―700型は737NG系列の旅客機だ。

NTSBは、この事故はファン・ブレードの損壊が原因だったと指摘した上で、米連邦航空局がボーイングにファン・ブレードに関する構造の設計を見直し、大事故の危険性を最小化するよう義務付けるべきだと提言した。

NTSBは2016年に発生したサウスウエスト航空の737-700型機の重大事故も調査しており、やはりファン・ブレードの破損があった。

ボーイングは、全ての737NGは安全で、ファン・ブレードの検査によって問題は完全に緩和されていると主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below