for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米航空局、ボーイングの737MAX運航再開許可

[ワシントン/シアトル 18日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングは18日、2年近くの精査、企業の激動期、世界各地の規制当局との協議の行き詰まりの末、死者が出た2件の墜落事故を起こした737MAX機を再び運航する許可を米連邦航空局(FAA)から得た。

FAAは、ボーイングが737MAXの商業用運航を再開するために必要なソフトウェアの更新や操縦士訓練の変更を説明。737MAXの運航停止期間は20カ月と、商業航空史上最も長かった。

ボーイングで最も売れている737MAXは、新型コロナウイルス感染の再拡大や欧州の新たな貿易関税、737MAXに対する不信感などの強い逆風に直面する中で運行を再開することになる。

737MAXを保有する米国の航空会社のうち、アメリカン航空は12月29日に運航を再開する予定。ユナイテッド航空は2021年の第1・四半期に、サウスウエスト航空は同第2・四半期に再開する。

欧州やブラジル、中国の主要な規制当局は、独自の審査の後、各々が許可を出す。世界各国はかつて、何十年にもわたりFAAの基準と足並みを揃えてきたが、737MAXの墜落が、航空安全に関する米国の支配力を台無しにしたことを示す。

FAAのディクソン長官はロイターに対して「こうした墜落が再び起こらないことを確実にするために可能な限りのことを行った」と語った。機体の安全性に 「100%自信を持っている」とした。

ボーイングとの関係が近過ぎるとの非難に浴びてきたFAAは、運航停止中に製造・保管された約450機の737MAXの耐空性をボーイングが認定することを今後は許可しないと述べた。新たな航空機はFAAが直接検査するという。検査は1年以上かかる可能性があり、航空機の引き渡しが遅れることになる。

ボーイングはメンテナンスを維持したり、元の購入者からのキャンセルが続いた737MAXの新しい購入者を見つける努力をしている。需要は新型コロナの危機によってさらに低迷している。

こうした障壁がありながらも、737MAXの納入を再開することで、ボーイングのほか、運航停止に関連した減産で財政がひっ迫していた何百もの部品供給業者にとって、非常に重要な資金の流れが再開することとなる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up