for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ボーイング、数十億ドルの737MAX受注で合意間近=関係筋

3月10日、米航空機大手・ボーイングは近く、サウスウエスト航空から旅客機「737MAX7」数十機(数十億ドル相当)の受注を獲得する見通しだ。写真はボーイングの737MAX7。シアトルで2020年9月撮影(2021年 ロイター/Lindsey Wasson)

[シアトル 10日 ロイター] - 米航空機大手・ボーイングは近く、サウスウエスト航空から旅客機「737MAX7」数十機(数十億ドル相当)の受注を獲得する見通しだ。関係筋が10日、明らかにした。

墜落事故を受けた737MAXの運航停止措置が解除されて以降、同型機のシリーズで最大の受注になる可能性があるという。

関係筋によると、数十件の確定注文に加え、大規模なオプションも含まれる可能性がある。

サウスウエスト航空は、航空機に関する決定についてはコメントしないとし、発表事項もないとした。ボーイングはコメントを控えた。

航空機業界筋によると、737MAX7のカタログ記載価格は約1億ドルだが、通常は割引が適用され、半分以下の価格で売却される。

受注に関する条件や発表時期などの詳細は不明。

ボーイング株は10日の取引を6.4%高で終了。サウスウエストは0.7%下落した。

737MAXシリーズでは、アラスカ航空が昨年12月に23機の購入で合意。アイルランドの格安航空欧州最大手のライアンエアも同月に75機を発注している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up