for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング747貨物機からエンジン部品落下、オランダ当局が調査

[アムステルダム 22日 ロイター] - オランダのマーストリヒト空港を離陸したニューヨーク行きのボーイング747─400型貨物機からエンジン部品が落下する事故が発生し、オランダ当局が調査に乗り出した。

事故が起きたのは離陸直後。南部メールッセン上空で小型の金属部品などが落下し、現地の報道によると女性1人がけがをしたほか、車が損傷した。

当局の調査はまだ初期段階で、結論を出すのは時期尚早という。

目撃者によると事故機は片側のエンジンから火を噴いていたが、マーストリヒトから30キロ南にあるベルギーのリエージュ空港に着陸した。

事故機には、20日にエンジン故障で緊急着陸した米ユナイテッド航空のボーイング777型機と同じ、プラット&ホイットニー(P&W)製PW4000が使用されていた。

ボーイングは21日、同じエンジンを搭載する777型機の運航を停止するよう航空各社に勧告した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up