Reuters logo
米運輸安全委、ボーイング787のバッテリー検査拡充を要請
2014年5月22日 / 18:28 / 4年前

米運輸安全委、ボーイング787のバッテリー検査拡充を要請

[シアトル 22日 ロイター] - 米運輸安全委員会(NTSB)は22日、航空大手ボーイング の787型旅客機(ドリームライナー)のリチウムイオン電池の安全性を確実にするため、一段の検査を実施するよう米連邦航空局(FAA)に要請した。

NTSBはFAAに宛てた書簡の中で、より精密な検査法を開発し、ボーイングに検査実施を義務付けるほか、787型機および他の機種の安全性確保のため、さらなる検査が必要かどうかを確かめるよう求めた。

NTSBは、リチウムイオン電池や機体が安全でないとは断言していない。

ボーイングは、改修したリチウムイオン電池の検査はNTSBの提言に沿って行ったとし、安全性に自信を示した上で、認証基準の向上に向けた取り組みを支援していくとした。

FAAからコメントは得られていない。

今回の書簡は、787型機のリチウムイオン電池に焦点を当てているものの、エアバス のA380型機やボーイングの777型機、737型機のリチウムイオン電池についても言及した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below