November 14, 2019 / 7:42 AM / 23 days ago

サウスウエスト労組、737MAXの運航再開巡りボーイング批判

 11月14日、米サウスウエスト航空パイロット組合のジョン・ウィークス委員長は、運航停止となっているボーイングの「737MAX」機を巡り、ボーイングが運航再開の時期を早めようとしているのではないかとの疑問を呈し、同社を批判した。写真はヴィクトリアで3月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米サウスウエスト航空(LUV.N)パイロット組合のジョン・ウィークス委員長は13日、運航停止となっているボーイング(BA.N)の「737MAX」機を巡り、ボーイングが運航再開の時期を早めようとしているのではないかとの疑問を呈し、同社を批判した。

最も良く売れている737MAXを巡っては、5カ月の間に2度の墜落事故で346人が死亡したのを受け、3月から運航停止となっている。

ウィークス委員長はパイロット向けの文書の中で「ボーイングは完成したMAX機を保管する場所が不足しつつあるため生産ラインを閉鎖しなければならなくなる可能性があるとの訴えを強めている。これは(運航再開の)スケジュールを前倒しするための戦術に過ぎないとの懸念がある」と指摘した。ロイターはこの文書を確認した。

ボーイングからは今のところコメントを得られていない。

サウスウエスト航空の広報担当者は「MAX機運航再開に向けて行われている作業に自信を持っており、時期や次のステップに関するボーイングと米連邦航空局(FAA)からのさらなるガイダンスを引き続き待っている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below