August 28, 2019 / 10:07 AM / 24 days ago

737MAX運航停止でもサービス事業買収続く=ボーイングCEO

8月27日、米航空機大手ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(写真)はロイターに対し、旅客機737MAXが運航停止となった影響で、航空機サービス産業における買収の手を緩めることはないと述べた。米ワシントン州絵ベレットで1月撮影(2019年 ロイター/Lindsey Wasson)

[エバレット(米ワシントン州) 27日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング(BA.N)のデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)は27日、ロイターに対し、旅客機737MAXが運航停止となった影響で、航空機サービス産業における買収の手を緩めることはないと述べた。

同社は航空機の部品、改修、保守、分析などを手掛ける「グローバル・サービス」部門を2年前に始動し、他社の買収を通じて同部門を拡大してきた。この事業は利益率が高く、競合するエアバス(AIR.PA)も力を入れている。

マレンバーグ氏は「当社にはMAXの問題を管理できる財務能力があり、将来に向けた投資を続けていく」と述べた。

MAXは墜落事故を起こして運航停止となったが、ボーイングは早ければ10月の運航再開を目指すとしてソフトウエアの修正を進めている。

マレンバーグ氏は、約560機で新たなソフトの搭載を完了したと説明。「引き続き第4・四半期の早い段階での運航再開を想定している。その日程に沿って進んでいる」と述べた。

サービス部門については、昨年約170億ドルだった売上高を10年で500億ドルに増やす方針を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below