for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング、8月の引き渡し増加 787の納入再開

 9月13日、米ボーイングの8月のジェット旅客機納入は35機に増加した。写真は737MAXと787。ワシントン州で2019年9月撮影(2022年 ロイター/Lindsey Wasson )

[ワシントン 13日 ロイター] - 米ボーイングの8月のジェット旅客機納入は35機に増加した。787ドリームライナーの納入を15カ月ぶりに再開した。

内訳は737MAXが27機、787が2機、貨物機が5機だった。

今年のMAX納入機数は240機。1─8月は計277機。

7月の納入は5カ月ぶり低水準の26機だった。世界的なサプライチェーンの混乱が背景。

8月の受注は30機。737MAXを13機受注した。737MAX4機がキャンセルされたため、純受注は26機となった。

同社は8月に2021年5月以来初めて787を納入した。米連邦航空局(FAA)は20年9月、787の一部機体で製造上の欠陥を調査していると発表。その後、安全性認証基準を満たす上で必要な検査・修正計画を7月に承認した。

納入待ちの787は約120機。FAAは納入に先立ち1機ずつ検査する方針を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up