December 24, 2019 / 9:44 PM / a month ago

米ボーイング文書に737MAX巡る従業員の「気掛かりな」懸念=議員側近

[ワシントン 24日 ロイター] - 2件の墜落事故を起こした米航空機大手ボーイング(BA.N)の主力旅客機「737MAX」について、米議会委員会が現在精査している文書でボーイングの従業員が同型機の安全性を巡り「極めて気掛かり」な懸念を示していたことが24日、議員側近の話で明らかになった。

文書は下院交通インフラ委員会と 米連邦航空局(FAA)に23日に提出された。23日にはボーイングがデニス・ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)の辞任を発表している。[nL4N28X3F9]

この文書について議員側近は匿名を条件に「ボーイングがこれまでに公表した文書と同様に、安全性へのコミットメントと(生産計画が乱されないようにする)一部の取り組みの双方に関するボーイング従業員の懸念が示されていた」と述べた。

737MAX型機が起こした2件の墜落事故で合計346人が死亡。墜落事故を受け今年3月以降、運航停止となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below